故障かな?修理に出す前にココをチェックしてみよう!

おかしいと思ったら要チェック!スマホを修理に出す前にやるべきポイント

生活とスマホ

スマホの調子が悪い、または急に挙動がおかしくなったり、起動が出来なくなる事があったりする。そんな時に自分で出来るチェック方法について説明しています。 知識が無くても出来る方法をピックアップしているので、難しく考える事はありません。スマホがおかしいと思った時にはまず試してみましょう。

起動が出来るならバックアップを取ろう!

起動自体は出来るけれど挙動がおかしい場合、即修理に出すとデータが消えてしまう事があります。これは修理の段階でOSに不具合が無いのかを確認する為に、工場で一度初期化をしなければならない為です。 大切なデータを守る為にも、バックアップを取って修理に出すのがベストです。

初期化で改善があるかも?

データのバックアップを取り、修理に出す前に自分で初期化をしてみませんか? スマホの設定画面から出来る操作、または外部コマンドを使っての作業になると少しだけスマホの知識が必要ですが、不明点があればスマホのキャリアやメーカーへ確認するのも賢い手段です。

起動や動作がおかしい場合

日本では2人に1人がスマホを所持していると言われていて、生活の必需品になっています。親御さんも使っているから、赤ちゃんもスマホに興味を持つらしくあやす為に動画を見せたり、アプリを使わせたりして育児のあり方も変わってきています。
スマホがリリースされる前までは、携帯電話(ガラケー)が主流でネットをメインとするコンテンツを利用していましたが、あくまでも「ネットが出来る携帯」と言う認識でした。しかしスマホは「電話が出来るデバイス」と言う認識になり、データ通信のみ利用する方も多くいます。
そんなスマホの歴史を紐解くと実は2000~2005年から発売されていました。但しこの時は搭載されているOSにもバラつきがあり、一部のガジェット好きな方にしか広まっていませんでした。それが2006年に発売されたスマホによって、一気に知名度が上がり老若男女が所持する様になしました。そこから4Gが輩出され、通信速度が速くなり今日に至ります。
もはや生活に無くてはならないものですし、今後も更に進化を続けていくスマホですが、精密機器が故に故障や不具合が生じてしまうケースもあります。知識があれば切り分けが出来ますが、ライトユーザーには難しい面もあります。
スマホの動作や挙動がおかしくなった時には修理に出すのが一般的ですがライフラインが無くなってしまう事、高額な料金が発生してしまう場合があります。
ここでは修理に出す前に自分で出来るチェック方法を公開しているので、トラブルの際は役立てて下さい。

おすすめリンク

市松人形修理の方法

市松人形修理とはどのように行うのでしょうか?市松人形の職人さんにインタビューしました。